午后のテーブル

午后のひとり暮らしログ〜YOU ONLY LIVE ONCE!〜

ゲイリー・オールドマンに会いに!『ウィンストン・チャーチル』観てきました。

こんにちは午后です。

 

ようやっと、『ウィンストン・チャーチル』観てきました!


主演ゲイリー・オールドマン、驚くべき変貌ぶり/映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』特報

 

 

 

今作でゲイリー・オールドマンアカデミー賞主演男優賞を受賞しましたね。日本人の辻一弘さんがメイクアップでも受賞をしたからか、劇場は結構混んでいました。本当は3/31に見る予定が、公開日翌日の土曜日で席が埋まっていて断念し、一週間後での鑑賞です。

 

この映画のすごいところって、精密なメイキャップでチャーチルを表現した”表面的”な部分とゲイリー・オールドマンの演技=”内面”が相乗効果を生み、キャラクターの魅力が画面にたたき出されている点。本当に、すごい…!の一言のみ。

そしてかっこいい!

タイトルの打ち出し方とか、カメラワークと音楽の印象の出し方とか、物語の後半に向けてどんどん盛り上がっていく。わたしは単純なので、結構興奮してました。

「真実の物語」と言っておきながら一部フィクションでないかと言われているようですが、堅物なチャーチルが車の中から市井を眺め、市民の声を集めて変化していく様も良いですね。Vサインのエピソードとか面白い。

 

歴史に詳しいわけではないのですが、『ダンケルク』の裏エピソードとしてみるのもいい。映画同士につながりがあると楽しさが倍加しますね。


映画『ダンケルク』日本版予告編 1